第3回将棋電王戦の対戦結果と概要

たった5分で視力が回復してしまった「ある方法」とは?

サプリメントやトレーニング、眼球運動でも効果がなかった人が・・・
【たった5分で視力が回復してしまった「ある方法」とは?】

第3回将棋電王戦の対戦結果と概要

人間5対コンピュータ5の決戦

 

・開催日時:2014年3月、4月
・持ち時間:其々5時間

 

第一局

 

先手 菅井竜也五段
後手 習甦

 

勝ち 習甦(98手)

 

谷川会長が今回の電王戦で一番衝撃を受けた対局。

 

プロ視点でもコンピュータ側の強さが光った一局でした。

 

 

第二局

 

先手 やねうら王
後手 佐藤紳哉六段

 

勝ち やねうら王(95手)

 

一局を通し、やねうら王が押す展開となりました。

 

 

第三局

 

先手 豊島将之七段
後手 YSS

 

勝ち 豊島将之七段(83手)

 

「豊島くん強いよね」の通り、YSSに完勝した豊島七段。

 

コンピュータ側があっさり負けたように見えたのは、豊島七段が行った数多くの練習対局の賜物と言えるでしょう。

 

 

第四局

 

先手 ツツカナ
後手 森下卓九段

 

勝ち ツツカナ(135手)

 

先手ツツカナ4四金の対応を森下九段がミスしたところからコンピュータ側が優勢に。

 

 

第五局

 

先手 屋敷伸之九段
後手 ponanza

 

勝ち ponanza(130手)

 

ほぼ形勢互角で進んでいた場面で、先手屋敷九段の8一香成が悪手に。

 

以降ponanzaが形勢を有利に展開してコンピュータ側の勝ちに。

 

 

コンピュータ側の4勝1敗という結果は、“心理要素”がゼロのコンピュータの強さを物語っていると思います。

 

人間側の一瞬のスキを見逃さず、一気に優勢に持ち込む力。

 

終盤の正確な差し回しで詰ましにくる力。

 

コンピュータの加速度的発達の中で人間側はどう対応すべきか、いろいろ考えさせられる第三回将棋電王戦でした。